野球肩・野球肘について

こんなお悩みはありませんか? 

  • 投球動作で肩・肘に痛みが走る。
  • ボールを投げた瞬間に腕に痺れが出る。
  • ボールを投げ終わったあと、腕に力が入らない。
  • 病院で「野球肩」「野球肘」と言われたが、特別な指導やリハビリがない。
  • 投げ始めは痛いが、慣れると痛みが軽減してくるので、だましだまし投げている。そのお悩み、影山鍼灸整骨院にお任せください‼

辛い野球肩の理由

野球肘・野球肩(投球障害)とは、フォームの崩れから肘・肩に強いストレスがかかり続ける 事で、関節唇損傷(SLAP損傷)や腱板・二頭筋損傷してしまう症状です。

ただ投球動作における障害は、肩や肘関節自体の問題から起こる事はほとんどありません。

健全な投球動作では、下半身から体幹へ、体幹から上半身へと効率良くチカラが伝達されます。

ところが、下半身や体幹・肩甲骨の動きに問題があると上手にチカラが伝わらなくなり、肘や肩関節に強いストレスがかかるようなフォームとなり、その状態が繰り 返される事で痛みが出るのです。

 

当院の施術について

影山鍼灸整骨院では、肘・肩関節周辺のコンディショニングはもちろんですが、上記でも述べたように、投球動作における痛みは、他の箇所に原因があ る場合がほとんどで全身のチェックが必要です。

その為、検査では全身の筋力や柔軟性をチェックしていきます。その中でも肩甲骨、肋骨、骨盤・股関節の動きに問題が多くみられます。これらの関節周辺の筋肉の硬さ、弱さにより、非投球側の足が接地した際に体が前に突っ込んだり、投球時に体の開きが早くなったり、肘が下がったりして 、肘・肩関節に負担がかかります。

関節の動きに問題があるところに関節調整を行い、硬い筋肉には手技やストレッチで、弱っている筋肉にはトレーニングをすることで、本来の正しい動きを 取り戻していく事で肘・肩関節にかかる負担を抑え、投球時の痛みを解消していきます。また必要があれば、投球動作の指導も行わせて頂きます。

ただ手術的治療(剥離骨折・骨端線離開・離断性骨軟骨炎の終末期など)が必要な場合は、スポーツ整形を紹介いたします。

 

 

野球肘・野球肩でお困りの方は、影山鍼灸整骨院に一度ご相談ください‼