テニス肘・ゴルフ肘について

こんなお悩みはありませんか?

  • ゴルフのスイングやインパクトで肘が痛む。
  • テニスでバックハンド打ちをすると肘に痛みが走る。
  • 仕事はデスクワークで、特にスポーツをしていないのに肘が痛む。
  • 物を持つ・タオルを絞るなど日常生活でも肘の痛みが辛い。
  • 病院で「テニス肘」と言われたが、特にリハビリなどはしていない。

そのお悩み、影山鍼灸整骨院にお任せください

辛いテニス肘・ゴルフ肘の理由

それは、肩甲骨の歪み です!

ただ肩甲骨が歪むことが問題なのではなく、続けたことで関節の機能が低下したことに問題があるのです。実は肩甲骨のズレは誰にでも存在します。むしろ、前後・上下・内外がきっちり揃っている人の方が少ないです。 では、歪み続けるとなぜ関節の機能が低下するのでしょうか?

それは、骨性支持出来ないからです。
それでは骨性支持がどういうものかと言いますと、面と関節面どうしを最大限フィットさせることで、関節が安定して筋肉に頼らなくてもよい姿勢(負担の少ない姿勢)がとれることです。

肩甲骨が歪み、位置が悪くなると、肩甲骨周りの筋肉の働きが悪くなります。 すると、テニスやゴルフでボールを打つ際、肩甲骨周りの筋力が発揮されないと、わきが空いた状態で打つようになります。 こうなることで、肩甲骨や肩周りが弱い分、腕の筋肉への負担が増えることで肘周りが緊張し、痛みとして現れます。

また意外に多い症例は、テニス・ゴルフはしていないのに肘関節に痛みがある方も多くおられます。

この場合も、 普段からの不良姿勢により、結果、肘関節にストレスがかかっている場合がほとんどです。こういった場合も肩甲骨や肋 骨の動きを改善することで痛みが消失する場合がほとんどです。

 

影山鍼灸整骨院でのテニス肘・ゴルフ肘治療の考え方

一般的な整骨院やマッサージ店では、「テニス肘・ゴルフ肘」に対しては、筋肉のコリを揉みほぐす・低周波治療だけという施術が非常に多いです。

しかし、「テニス肘・ゴルフ肘」は硬くなっている筋肉だけを揉んで緩めればいいというものではありません。肘の痛みを解消する上で重要なのは、根本原因となっている「骨格の歪み」を正しくし、「関節の緩み」を作ることで、正しい姿勢がとれて「骨性支持」ができるようし、筋肉への負担を減らすことが必要です。

当院では、正しい姿勢をとるために、筋肉だけでなく、硬くなった関節に緩みをつくる「関節調整」という方法でアプローチしていきます。

「関節調整」ではまずは、身体の土台となる骨盤の緩みを作って位置を整えて、良い姿勢を取りやすい状態にしていきます。

次に、他では見落としがちな肩甲骨を緩めることで、肩甲骨周りや肩関節といった大きな関節を動かすことで肘周りの負担が減り、筋肉の緊張が緩和し肘の辛い症状が解消されます。

さらに、筋肉の機能をより改善させるために、硬くなってしまった筋肉を伸ばすストレッチや、弱くなってしまった筋肉へのトレーニングなども指導しますので治療効果が持続しやすくなり、正しい姿勢がより取りやすくなります。 自宅でのセルフケアも同時にすることで、早期治癒を目指すだけでなく、再発予防にもなります。

(注)テニスやゴルフをしていない方でも肘を痛めた方には、テニス肘やゴルフ肘といった傷病名で病院では呼ばれることもあります。

関節の動きに問題があるところに関節調整を行い、硬い筋肉には手技やストレッチで、弱っている筋肉にはトレーニングをする ことで、本来の正しい動きを取り戻していく事で肘関節にかかる負担を抑え、スイング時の痛みを解消していきます。必要があれば 、スイング動作の指導も行わせて頂きます。また、治療後には自宅で出来るストレッチやトレーニングも指導しますので、患者さま 自身でも体のケアを行なうことが出来ます。

辛いテニス肘・ゴルフ肘でお悩みの方は、影山鍼灸整骨院にご相談ください