手首・指の痛み

このようなことでお悩みではありませんか?

  • 手首がうごきにくく、手をつく時にも痛みがある
  • スポーツをしていて、手首の小指よりが痛い
  • 指を曲げ伸ばしすると、引っかかる
  • 物を持とうとした時に、手首の親指よりに痛みが走る
  • 突き指をして時間が経過しているのに、指が痛い

手首・指の痛み(TFCC損傷・腱鞘炎など)の原因について

上記の症状に共通して言えるのは 、手首や指に問題があるのはもちろんですが、外傷(転倒した、強打したなど)でない場合は、肩甲骨や肋骨など の関節が固まっていることがほとんどです

関節が固まってしまうと、肩甲骨周りの筋力が上手く発揮できないことにより、腕や手だけの力で物を持ったりしてしまうので、手首(TFCC損傷など)や指(腱鞘炎)にストレスがかかってしまい、結果痛みが出てしまいます。

手首(TFCC損傷)や指(腱鞘炎)、または突き指に関しては、少しずつ時間をかけてストレスがかかりズレてしまった場合とケガの衝撃で指・手首など、1回のストレスで関節にズレを生じてしまい、痛みを感じる場合があります。ただ、どちらもこのズレをそのままにしておくと、痛みがとれにくいだけでなく、治りも遅くなります。また、痛みが治まった後も治療をしていないと、関節が変形してしまい、動きがぎこちなくなったりします。多く来院される症例としましては、TFCC損傷であれば、痛みを我慢してテニスを続けられた方や、腱鞘炎であればお子様やお仕事の加減でどうしても重たいものを抱えたりしなければならない方に多く見られます。

手首・指の痛み(TFCC損傷・腱鞘炎など)の施術について

施術方法としましては、関節の動きに問題があるところに関節調整を行い、硬い筋肉には手技やストレッチで、弱 っている筋肉にはトレーニングをすることで、本来の正しい動きを取り戻していく事により、手首や指の痛みを軽減していきます。

影山鍼灸整骨院では、初診時の問診や検査には特に力を入れていますので、痛みの出ている場所や関節の動きが低下している所 を的確に見極め、または筋肉の柔軟性・筋力テストも症状に応じて行ないますので、しっかり症状の原因をスクリーニングすること が出来るのです。