足底筋膜炎・アキレス腱炎

このようなことでお悩みではありませんか?

  • 走っていると、だんだん踵が痛くなる
  • 朝起きて、足を床に着くと踵が痛む
  • アキレス腱や足の裏が腫れているように感じる
  • アキレス腱を押すと痛い
  • 痛みで足を床に着くのが辛い

一般的な足底筋膜炎・アキレス腱炎の考え方

足底筋膜炎とは、いわゆる使いすぎによるオーバーユース症候群のひとつで、ランニングなどのスポーツをしている方に多くみられるスポーツ障害です。

靴の不適合・扁平足 (へんぺいそく)などにより、アキレス腱への負荷の増大や、その頻度の過大によって発症すると考えられています。

しかし、当院の臨床経験でお話しするなら、原因はその他にあることがほとんどです!

辛い足底筋膜炎・アキレス腱炎のたったひとつの理由

それは、股関節の可動域の低下です‼

本来、ランニングで蹴る動作は、骨盤前傾(前に倒れる)、股関節伸展・内旋(内に捻じりながら後ろに蹴る)という各関節の動きで構成されます。

しかし、姿勢の崩れなどにより、腰椎・骨盤・股関節が固まってしまうと、股関節の動きで地面を蹴りにくくなります。

そのため、足の底背屈の動きで蹴る動作を作ろうとするため、足の裏の筋肉が硬くなり、筋肉の付着部にストレスを受け、結果足底筋膜炎として症状が現れます。

また、骨盤が後ろに倒れてしまうとお尻が下に下がっていくため、フットポイント(足の接地位置)が身体よりも前になります。すると、接地したときの地面からの衝撃を足でしか吸収できず、より足底筋膜炎になりやすくなります。

当院の足底筋膜炎・アキレス腱炎に対する治療の特徴

他の整骨院などの治療所では、足底筋膜炎に対する治療として、ふくらはぎのマッサージやストレッチ、硬さのある足の裏を直接緩めるなど、対処療法がメインで行われていることが多いです。

しかし、影山鍼灸整骨院では、痛みの原因となる、股関節、そして股関節の土台となる骨盤に対して関節調整という特殊な方法を用いて治療を行っております。

まず、下半身で一番可動域のある股関節の動きを出し、その股関節の土台となる骨盤の関節も緩めて動きやすくすることで、ランニングの際の足底にかかる負荷を他の関節で分散できるようにします。これにより、走る距離が長距離になっても、足底だけに負担がかからなくなり、結果症状の改善がみられます!

また、治療の後には自宅でも行う事の出来る、セルフストレッチやトレーニングを指導いたします。 さらに、ランニングやウォーキングのフォームも必要な場合は指導を行ないますので、再発しにくい体づくりができます!

辛い足底筋膜炎でお困りの方は、西宮市の影山鍼灸整骨院にご相談ください‼