京セラ創業者 稲盛和夫さんに学ぶ 『生き方』

今回は、こんな時代だからこそ『心に響く』1冊

📕著 稲盛和夫(京セラ創業者) 『生き方』 をご紹介します。

 

 

なぜ、この本をご紹介するかと言いますと、

「当院の理念」や「行動指針」の礎にしている本だからです!!

 

というのも、当院では自分も含めてスタッフ(社員)としての前に、人としてどうあるべきなのか、

その根底になる【生きる指針の哲学】を重要視しているからです!! 

 

当院では、 『地域にとって希望の治療院であるために』を理念に掲げていますが、

各々スタッフの【生きる指針の哲学】が基礎にあって

初めて達成されるものだと考えているからでもあります。

 

これは、当院の行動指針やミッション(使命)も同様の事が言えると思います。   

 

また、なぜ人として【生きる指針の哲学】にこの本がなったのか?

 

それは私自身、日本が古来より持っている考え方

【武士道の精神】 を大切にしていたからです。 

                    

私が言う【武士道の精神】は、

新渡戸稲造が記した著書「武士道」で書かれている

「義」・「勇」・「仁」・「礼」・「誠」・「名誉」・「忠義」の7つを指しています。

 

そして、この「武士道」も元を辿ると、「儒教の5常」、「仏教の5戒」を参考にしているのではと言われいます。

 

稲盛さんが言う 「利他の心」 も

仏教でいう「他に善かれかし」という慈悲の心だと本でもおっしゃっています。

 

そう考えると、 「武士道」 と 稲盛さんの 「利他の心」 が繋がっているんですね。

実に、興味深かったことを覚えています!

 

そうして、自分の生き方の軸が出来て

自分の生きる指針にしようと決めたのです。

 

更に、「自分は何のために生きるのか」、そう自身に問いかけたときに

私は、『マイナスからゼロ、ゼロからプラスへ』を患者さんを導くことが使命だとわかったのです。

 

そして、これからも『地域にとっての希望の治療院』として、

【希望の光】を灯していきたい

という結論に至りました!!

 

皆さんも大事にしている考え方があると思いますが、

こんな時代だからこそ、軸がぶれない生き方を見つけるヒントになる1冊としておススメします(^_-)-☆

 

≪余談≫

韓国ドラマ【チャングムの誓い】、【ホジュン】が好きな

鍼灸師でもある私は、

東洋医学にも大変興味がありました。

 

その東洋医学に出てくる陰陽五行説にも、

実は、儒教の5常『仁義礼智信』が

関係しているんです(^_-)-☆

 

【陰陽五行】

 

例  その人が人を思いやり過ぎる人であれば(仁)、

肝臓の経絡に影響が出てくるといった感じで、

治療にも大きく関係してきます!!

 

ですので、私にとっては

大変興味深いものだったんです。!(^^)!

 

(仁は木気、礼は火気、信は土気、義は金気、智は水気になり、五行の【木火土金水】と対応しています。)