西宮の影山鍼灸整骨院 HOME > 施術例 > バレーボールによる肩の痛み   西宮市在住 男子高校生

バレーボールによる肩の痛み   西宮市在住 男子高校生

影山鍼灸整骨院は、土日祝日も開院しており、患者様は鳴尾、甲子園口、武庫川などの遠方から、スポーツ障害や、急な交通事故の方も多く来院されます。


特にスポーツ障害に力を入れております。また、鳴尾高校・今津高校のスポーツトレーナーをしていますので、スポーツトレーナーの経験があるならではのお話や、治療ができます。


今回来院されたのは、鳴尾高校2年生バレーボール部に所属する男の子です。
バレーボールのアタックの際に右肩を負傷し、来院されました。

バレーボールで一番多い肩の損傷は、アタックの際に起きることが多く、アタック動作は、助走⇒バックスイング⇒フォワードスイング⇒ボールコンタクト⇒フォロースルー⇒着地の順番に用いられ、ボールコンタクトの際に、肩を負傷しやすくなっています。


打点より前方すぎるジャンプ踏切では、ボールコンタクトの位置が後方になり、肩関節の前方でとらえられる事ができなくなります。また、ボールコンタクトのタイミングが早く、体幹より離れた位置でボールをとらえると、肩関節内旋(肩を内に捻る)運動が大きくなることで手打ちになり、肩に負担がかかります。
来院された男の子は、まず姿勢の悪さが目立ちました。姿勢が悪い事により、特に右の肩甲骨の位置が悪く、背中や腋窩の筋肉をうまく使う事ができなく、肩に負担がかかるフォームになっていました。


そこで、影山鍼灸整骨院では高度な触診技術と検査法で、使えてない筋肉や、柔軟性がなくなっている筋肉、動きの悪くなっている関節、アタックフォームを診て見極め、AKA療法を用いて治療を行いました。
治療を何回か繰り返し、短時間で、肩の痛みが良くなったのはもちろん、以前より姿勢が抜群に良くなっています。


施術の流れ1.png

施術の流れ2.png


体の使い方を覚えて、本来持っている筋肉を最大限に使えるようになってきていますし、バレーボールの際にアタックや一連の動作のスピードが格段に上がり、パフォーマンスUPしております。


治療の後にお教えしたストレッチ&トレーニングを、毎日一生懸命やってくれていますので、更なるプラスを目指して、そしてベストパフォーマンスが発揮できるように頑張りましょうね♪

 

影山鍼灸整骨院

◆住所

〒663-8186 兵庫県西宮市上鳴尾1-11

◆アクセス

阪神本線 甲子園駅 東口徒歩7分

◆定休日

水曜日

◆代表者

影山 大造

0798-78-3647 インターネット割引24時間メール予約!!

◆受付時間

【平日・土曜】
10:00~12:30/16:00~21:00
【日曜・祝日】
9:00~12:30/15:00~17:30

地図
メールでお問い合わせ

ページ上部へ戻る

スタッフ募集
amazon
お気に入りに追加

定休日

水曜日

お電話

0798-78-3647

交通事故専門ダイヤル

0120-78-3647

住所

〒663-8186
兵庫県西宮市上鳴尾町1-11

代表者

影山 大造

メールでのお問い合わせはこちら
P有 ACCESS MAP
損害保険会社のご担当者様へ
エキテン

※お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。