西宮の影山鍼灸整骨院 HOME > 施術例 > 交通事故治療症例①       西宮市在住 20代男性

交通事故治療症例①       西宮市在住 20代男性

影山鍼灸整骨院は、土日祝日も開院しており、患者様は鳴尾、甲子園口、武庫川などの遠方から、「スポーツ障害」「交通事故専門治療」を行なっておりますので、多数の交通事故の患者様も治療に来られています

ご自身や家族、友人や知り合いが交通事故に遭ってしまった事はありますか??

今回来院された男性の患者様は、西宮で交通事故に遭ってしまい、右手を負傷したため来院されました。
来院された時には、右手の小指が外に開いて反り返っている状態が目立ちました。

手首から指までの間の骨を手根骨と言います。手根骨は8つあり、その中の一つの有鉤骨の骨を負傷しておりました。
有鉤骨の骨を負傷してしまった事により、この骨に付く短小指伸筋や、手根骨の一つで、有頭骨のすぐ近くにある豆状骨があり、ここに付く小指外転筋も緊張してしまっているのが、小指が外に向き、反り返る原因と考えられます。さらに、手の腫れがひどく、皮下出血、熱感もあり、夜寝ていてもうずいてしまい、痛みで途中に目が覚めてしまう程でした。

そこで、影山鍼灸整骨院ではMCR(マイクロカレント)と言う、微弱電流を流す機械を患部に当てました。
MCRとは、体にほとんど感じることのない弱い電流を流し、損傷部位の治療促進や鎮痛を行ない、さらには腫脹の軽減も行なうことができる機械です。日本のプロ野球やJリーグ、実業団、さらには、ロンドンオリンピックで使われていたり、日韓ワールドカップで、イングランド代表のベッカムが、MCRを使って治療していたりしたのも有名で、トップアスリートになら必ず用いる機械です!!

このMCRを当てながら、関節の緩みを作っていくAKA療法と筋肉の緊張を下げるために鍼治療を用いて行なった結果、短期間で、今では小指が元の位置に戻ったのはもちろん、腫脹、熱感、皮下出血が取れ、痛みもほとんどなくなり、指の可動域(動く範囲)も元に戻りました。

治療を一生懸命行った結果、後遺症を残す事なく、治癒に向かっています♪
あともう一息なので、頑張って治療をしましょう!!


施術の流れ1.png


施術の流れ2.png

影山鍼灸整骨院

◆住所

〒663-8186 兵庫県西宮市上鳴尾1-11

◆アクセス

阪神本線 甲子園駅 東口徒歩7分

◆定休日

水曜日

◆代表者

影山 大造

0798-78-3647 インターネット割引24時間メール予約!!

◆受付時間

【平日・土曜】
10:00~12:30/16:00~21:00
【日曜・祝日】
9:00~12:30/15:00~17:30

地図
メールでお問い合わせ

ページ上部へ戻る

スタッフ募集
amazon
お気に入りに追加

定休日

水曜日

お電話

0798-78-3647

交通事故専門ダイヤル

0120-78-3647

住所

〒663-8186
兵庫県西宮市上鳴尾町1-11

代表者

影山 大造

メールでのお問い合わせはこちら
P有 ACCESS MAP
損害保険会社のご担当者様へ
エキテン

※お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。